実は目に優しい効果も含まれている眼鏡

ブルーライトをカットする眼鏡

眼鏡のレンズには、ブルーライトをカットできるレンズがあります。現代の人は生活の中でスマートフォンやパソコンなどのディスプレイを見ることが多いです。それらから出るブルーライトと呼ばれる青い光は紫外線並みに強い光であり、色々な害があります。たとえばブルーライトは体内時計を狂わせて睡眠に悪影響を及ぼしたり、紫外線と同じように肌を老けさせてしまう恐れがあると言われているのです。そこでブルーライトを目から吸収してしまうのを防ぐ眼鏡を掛けるといいでしょう。

ブルーライトをカットする眼鏡のレンズは色がついているものもありますが、限りなくクリアに近いものもあります。クリアなレンズのものでも、ブルーライトを25パーセントほどカットすることができるのです。色が少しついたものだと、40パーセントもブルーライトをカットすることができます。

ピントアシスト設計の眼鏡

スマホは生活の中では欠かせない必需品です。スマホを長時間見ていると、眼精疲労が起きて目が疲れて物がかすんで見えたり、目の痛みや酷い時は頭痛を感じてしまうことがあります。それらの症状を緩和するための眼鏡が存在します。それはピントアシスト設計の眼鏡であり、その眼鏡をかけることで、スマホを見る時に目の緊張を緩和してくれる効果があります。それによってクリアにスマホの画面が見えるだけではなく、スマホを見る時に使う目の筋肉をアシストして、目の疲労が起こりにくくしてくれるのです。 ピントアシスト設計の眼鏡は20代の若者向けのものから、シニア向けのものもあります。年齢にあうピントアシスト設計の眼鏡を選ぶことで、遠くも近くもはっきりと見ることが可能です。

顔の形によって、それぞれ似合うめがねは異なるため、まずは自分の顔の形を冷静に分析することが大切です。