変わり種?面白い眼鏡デザイン

面白いデザインの眼鏡が増えてきている

最近はアイウェアとしての眼鏡が注目されるようになり、変わったデザインの眼鏡が多く登場しています。例えば、ミニマムなレンズで作られた丸眼鏡や、フレームのトップラインを排除し、下部フレームにレンズが乗っているデザインのものなどです。素材もさまざまな物が合わせて使われるようになり、メタルフレームとセルを組み合わせたものも存在します。フレームのフロント側をメタルで仕上げ、トップラインをセルにすることで、シャープさと柔らかさを両立させたデザインなどです。

このような変わった眼鏡は、似合わないかもしれないと、敬遠されるかもしれません。しかし、眼鏡は変わったデザインであっても、顔立ちと合っていれば自然にみえるものです。では、似合う眼鏡の選び方とは、どのようなものでしょうか。

似合う眼鏡の選び方にはコツがある

眼鏡の選び方にはチェックすべきポイントがあります。まず眼鏡のフレームのサイズは顔の長さに合わせて選びます。縦サイズならば眉からあご先までのおよそ3分の1、横サイズなら顔の横幅よりも少し狭いぐらいがおすすめです。次に、フレームと顔立ちの相性をみます。注意すべきはフレームのトップライン、レンズ周りのボトムラインとサイドラインです。トップラインはおでこの生え際に近い形状のものを選びます。ボトムラインは下唇のラインに、サイドラインは頬のカーブに合わせるとよいでしょう。眼球の位置は、黒目がレンズのセンターラインよりも上部、かつ少し眼鏡の中央よりにくると美しく見えます。

なお、チェックポイントに合わない眼鏡であっても、必ず似合わないというわけではありません。気になるデザインをみつけたときは、とりあえずその眼鏡をかけてみましょう。思わぬ相性を発見できるかもしれません。